皆さん こんにちは

虹の風学修館 住吉教室 小学4年生クラスです

私達の生活にて・・物事を成り立たせるための

「縁の下の力持ち的存在の1つ」が何だか分かりますか?

それは・・「」です!

数は物事の基盤を作る上で・・非常に大切な賢い存在なのです

授業では「大きな数」について学ぶ前に・・生徒達に質問~

「1から数字の最後まで、どう表現されているか分かるかな?」

皆で一・十・百・千・万・億・・と発表してくれました

調べた結果、下記のように表現されることが分かりました

一(いち)
十(じゅう)
百(ひゃく)
千(せん)
万(まん)
億(おく)
兆(ちょう)
京(けい)
垓(がい)
𥝱(じょ)
穣(じょう)
(こう)
(かん)
正(せい)
 載(さい)
(ごく)
恒河沙(こうがしゃ)
阿僧祇(あそうぎ)
那由他 (なゆた)
不可思議(ふかしぎ)
無量大数(むりょうたいすう)

皆さんは、どこまで知っていましたか?

普段触れることのない大きな桁について少し学んだ所で
「大きな数 」の授業スタートです

大きな数で表記されるものって何があると思いますか?

結構たくさんあると思いますが、下記の数は何を意味していると思いますか?

193947000

ヒントはサッカー大国・・・・って大ヒントになってしまいましたね

これはブラジルの人口(約)です

様々な国の人口・数直線に触れることにより少しずつ大きな数について慣れていきます

DSCN1105


そして講師が用意した「単位表くん」の登場です

大きな数を理解する上で皆を手助けしてくれるんだよ

単位に沿って数字を書くことにより、大きさ・読み方等を身近な存在にしていきます

DSCN1106

0,1,2,3,4,5,6,7,8,9」の数字カードを1回ずつ使い、

1番大きい1番小さい数を作成してみました

一番小さい数については・・おっ」の位置について意見が別れたね!

生徒達は皆でディスカッションして答えを導きだしました・・Good Job

DSCN1129


生徒達と盛り上がった大きな数・最後の単元・・
10年って何秒

「本当に秒で表せるの?どれぐらいなの?」生徒達のわくわくした気持ちと共に

身近な「1分って何秒?」からプリントにて整理しながら1つずつ理解していきます

そして生徒達と理解した秒は下記です

1分→60秒
1時間→3600秒(60秒×60)
1日→86400秒(3600秒×24)
1年→31536000秒(86400秒×365)
10年→315360000秒(31536000秒×10)


生徒達は、この秒表記にびっくり

そして・・ここで生徒達と考えた事・・算数から学ぶ「命の尊さ」です

上記から10年→315360000秒と分かりました!

人生を80年とすると・・この8倍 25億2288万秒

一生を終えるまでに秒針は25億回打つことになるね

この数、皆はどう感じる?多い?少ない?

生徒達と様々な意見を言いながら「命」について触れました

算数でも・・どの教科でも、様々な大事なことに繋がりますね

基礎知識も、もちろん大事ですが

心に響くような授業をこれからも目指していきます